ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ帳はこちら

ナイチンゲールは「場」(環境)に気を配った(5月12日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
今日は、「ナイチンゲールデー」なんです。
1820年5月12日。
ナイチンゲールさんの誕生日にになんで制定されたそうです。

ここで問題です。
設定したのは、どこでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
赤十字社が、ナイチンゲールの誕生日に因んで制定しました。
5月8日「世界赤十字デー」のときにもお話ししましたが、
実は、ナイチンゲールは赤十字設立には反対だったのに。
皮肉なモノですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

ナイチンゲールには、こんな話が残っています。
19世紀のクリミア戦争。
ナイチンゲールは、従軍看護師として現地に赴きます。
そこで目にしたのは地獄の光景。

不衛生なベッド、腐りかけた食事、つまった下水、あふれかえるトイレ…、馬や牛の死体まで転がっていたそうです。

そこで、気づきます。
死人が出るのは兵士が戦場で受けた傷ではなく、不衛生な環境により蔓延る感染症のせいだと。
ここからナイチンゲールの奮闘が始まります。
手押し車250台ぶんもの汚物を処分。
汚れたシーツを全て洗濯し、下水のつまりを直し、定期的な換気で空気の状態を良くする。
腐っていない材料によるまともな食事を提供し、徹底的に病院の環境改善に努めます。
その結果、1855年の2月には収容された兵士の43%が死亡していたものが、同6月には、わずか2%にまで劇的に低下したのです。

そうなんです。
ナイチンゲールが変えたものは、場全体の環境と、そこにいる人たちの考え方だったのです。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.