ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会とは?

119番の日 どうして「1」「1」「9」なのか?(11月9日)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
今日11月9日は、119番の日です。

まんまですね。

では、ここからが問題。
どうして、消防が「119」になったのでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
もともとは大正時代からあった通報制度で、当初は112番だったそうです。
でも、掛け間違いが多発したことで、昭和2年に119番へと変更されたそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
なぜ、それにしても、「119」なのか。
実は、これ、「110」と同じ理由のようです。

それは、
1 誤報が少ないように番号を3桁にすること
2 ストッパーまでの距離が短い「1」を使うこと
3 しかし、はやる心を落ち着かせるために、最後は、ダイヤルが元に返るまでの時間の長い「0」または「9」にした
ため。
4 先に「0」を警察に取られていたため消防署は「9」を選択。

 

よく考えられていたんです。

さて、ダイヤル式でなくなった今、どんな工夫ができるでしょうか。
時代が変わっても、この発想をいかすことってできるでしょうか。

過去の記事はこちら
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


そして・・・
サイトの記事や情報を、毎日確実に
あなたのお手元に、お届けします!

無料メルマガ
「講師のネタ帳365」


今なら、2大特典プレゼント付き

【特典1】2分で心をワシづかみ!
話のネタ帳ベスト10

【特典2】エクセルだから
まんま使える
「心に残る名言100」

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.