ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会のご案内

トリボ ルミネッセンスって何でしょう?(11月8日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1895年11月8日。
ある重要な発見がありました。

セロハンテープのロールを一定の速さではがすと、

「あるもの」が発見できるらしい。

さて、何が見つかるのでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
X線。
そう、ドイツのヴィルヘルム・レントゲンが発見しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
で、
でですよ。
どうして、セロハンテープをはがすと、X線が出るのでしょうか?

実は、これは「トリボルミネッセンス(摩擦ルミネッセンス)」という現象だそうです。
400年も前に、フランシス・ベーコンが発見していました。

でも、それでどうしてX線が出るのかということは、

実は、今もわからない。

「Nature」の論文にも出ているので、

https://www.nature.com/news/2008/081022/full/news.2008.1185.html

現象としては、本当らしい。
しかし、なぜ、「X線」なのかはわからない。さすが「X線」。
そう、「X」という名前は、レントゲン自身が「未知」のものということから命名したそうです。

ガムテープでやると、こんな風に青い光が出る。

これも同じ原理のようですが。。

過去の記事はこちら
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.