人前で話す教える技術を磨きあう!

出版にご興味のある方!500部からのスタートしたある本のことを知っていますか(12月8日)

    
\ この記事を共有 /
出版にご興味のある方!500部からのスタートしたある本のことを知っていま...

●今日の「クイズ」は・・・
1999年12月8日、日本で、JKローリングの小説が発売されました。
そう「ハリー・ポッターと賢者の石」です。
ちなみに、「 J・K・ローリング」とはペンネーム。
どうして、この名前がつけられたのでしょう。
本名は、「ジョアン・ローリング」なのですが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
本の対象は男の子。
女性作家の作品だと知りたくないだろうと心配した出版社が、
イニシャルを用いるように著者に求めたため。
ハードカバー版の刷り数は最初500部だったそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
1990年6月、移動中に着想がわいたローリング。
ロンドンに汽車で移動中、安物の薄っぺらいノートに一心不乱に書き留めていったそうです。
その後、生活保護を受けるレベルの貧困になり、1995年にやっと書き上げ、出版社に送りました。
しかし、あまりに長編で出版するところがなかったそうです。
唯一、ブルームベリー出版が採用してくれて、97年7月26日出版。
ハードカバーとペーパーバックの両方で出版されましたが、ハードカバー版の刷り数は500部だったそうです。
小さなスタートからはじまった、ベストセラーへ。
やがて、年収180億円までいったこのお話。
「ハリーポッター」よりも、マジカルかもしれませんね。
ハリー・ポッターシリーズのスピンオフとなる映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』も観にいきました。あの世界観はたまりませんね。

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.