ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタはこちら

ダイアナ妃と日本の皇室、そして、天皇の違いは?(12月9日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1992年の今日12月9日、イギリスのチャールズ王子とダイアナ妃の離婚が発表されました。
悲しいことに、ダイアナ妃は、その後、97年にパリで交通事故による不慮の死を遂げました。
さて、そこで問題です。
日本の皇室の場合、離婚はできるのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
できる。
皇室典範第14条
1.皇族以外の女子で親王妃又は王妃となつた者が、その夫を失つたときは、その意思により、皇族の身分を離れることができる。
2.前項の者が、その夫を失つたときは、同項による場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。
3.第1項の者は、離婚したときは、皇族の身分を離れる。

という規定があり、皇族でも離婚は可能のようです。
ただ、日本では前例がないよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
ちなみに、皇后様になると、微妙らしい。
というのも、そもそも天皇陛下は皇族ではないんです。

えっ!
天皇という独立した身分だそうです。
だから、先ほどの14条はあてはまらない。

なるほど。
ところで、離婚の慰謝料は、どこから出るのでしょうね。
日本の場合。

こうしたサイトの記事を、もれなくゲットするために・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。よろしかったら!

過去の記事はこちら
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.