ライブ講師®実践会

会員のみなさんへ

②組織開発の手法 演じることで気づく(モレノとパールズ)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

組織開発を進める際に、必ず用いられる手法。
それが、演じること。
通常の研修でも、ロールプレイングはたくさん活用されている。

そして、ぼく自身は、ロールプレイングを、大きく2つに分類している。
(1)演じることで、気づきを得る
(2)演じることで、行動を身につける
うまい人のやり方をみて真似するのは、(2)である。

ここでとりあげるのは、(1)の方。

実際、感情を発露させて演じることで、気づきをえる
モレノの「サイコドラマ」

もう1つイスを用意して、そこにあたかも相手が座っているように話しかける
パールズの「エンプティー・チェア」(ポジション・チェンジ)

いずれも、役になりきることで、その人の気持ちを理解するものだ。

コーチングやカウンセラー、プロセスコンサルタントであれば、一度は体験していることだろう。
NLPやその後の、ワークショップにも大きな影響を与えている。

ここでしっかり理解しておきたいことは、次の3点。
「組織開発の探求」では、ワーク(実習)の目的を3種類に分けて整理している。

①個人の変化をうながす
②関係性の変化をうながす
③相互援助の場をつくる

これって、研修を設計するときにいつも考えていることですね。
1つのワーク(実習)で、どれを主にねらうのか。どんな複合的な効果を狙うのか。

ぼく自身は、①が起きて、②が起きて、③が生まれる。
そんな流れが理想だと思っているのですが。

そうじゃない流れもあるよね。

 

 

 

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2021 All Rights Reserved.