ライブ講師®実践会

会員のみなさんへ

③コンベアとチームと場(テーラー、メイヨー、バーナード)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

組織開発の芽が出始めた頃、別の領域でも経営学の進化がはじまりました。

それが、

テーラー(1856-1915)

メイヨー(1880-1949)

バーナード(188-1961)

それぞれの詳しい話はリンクのウィキをみてください。

ポイントは、

テーラーが、人を機械とみて、ベルトコンベア(分業制)を考えた
(これを、科学的管理法と、テーラーは言いました)のに対して、

メイヨーは、さらに、人は心をもっている。同じ仕事を同じ体制でやっても、やる気の有無で成果は変わると言いました。

今日のマネジメントでは、どちらも必要な考え方です。

テーラー=コンベア、機械的に効率を重視
メイヨー=チーム、人間関係を重視

と覚えておくといいでしょう。
かなりざっくりですが。。。

では、バーナードとは一体何者なのか?

彼の言葉が面白い。
「組織は、モノではない。電磁場のような人力場である」

そう、彼は、人の集団である組織を、おそらくはじめて「システム」「場」としてとらえた人なのだ。

今でこそ、システムコーチングや家族療法、あるいは、学習する組織(Pセンゲ)に出てくる「システム思考」が当たり前かもしれないが、この時代に、そうした考えを打ち出しているのが、やはりすごい。

ちなみに、システム思考は、簡単に言うと「風が吹けば桶屋が儲かる」ということで、見えている事象は、いろいろなものの因果関係が複雑に絡まって生じているという考え方です。だから、たった1つの真因を改善すれば、全部がよくなる!なんていう希望的な観測はもたない。

バーナードは、とても面白くて、組織の定義に必ずしも「人」を入れていない。

1人ではできないことをやるのが組織であって、そこに必要なのは、
「目的に対する貢献」であり、組織はそれが機能するシステムなのである。

だから、幽霊部員は、組織の構成員ではない。

このあたりが、もともと実務家(経営者)である、バーナードの鋭いところですね。

さらに、「組織」には、お客様やサプライヤーまで含めて考えている。
正社員の集団が組織なんて、これっぽっちも考えていない。

バーナードの本は、訳の難解さもあって、よほどマニアでなければ読まれない。
だから、一部が抜粋されて取り上げられる。

有名なのは、組織の成立要件
1 共通の目的があること
2 貢献意欲があること
3 コミュニケーションがとられていること

たしかに、これがないと、ただの集まりになってしまう。

そして、バーナード的に言えば、この定義に必ずしも「人」が必要とは言っていない。

機能をもって要素が、こういう条件で組み合わされば「組織」いなるのだ。

こういう考え方が、次の世代、サイモンに引き継がれていくんですね。

 

 

 

 

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2021 All Rights Reserved.