人前で話す教える技術を磨きあう!

えびす袋、江戸の商人の知恵は今もあなどれませんよ~「経営品質」のフレームワークでも検証してみます(1月2日)

    
\ この記事を共有 /
えびす袋、江戸の商人の知恵は今もあなどれませんよ~「経営品質」のフレーム...

●今日の「クイズ」は・・・
「えびす袋」ってご存じ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「福袋」の原型です。
江戸時代、日本橋の呉服屋「越後屋」(現在の三越)が、1年の裁ち余りの生地を袋にいれて、これを1分(いちぶ)で販売したのがはじまりと言われています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
「福袋」の原型、えびす袋は、在庫一掃セールだったのですね。
もともと、越後屋さんはアイデアマンだったそうです。
その証拠に、
当時としては画期的な、呉服の「切り売り」をしていた。

それまでは、セット販売のみだったんですね。
あなたのビジネスも、商品ではなく、「売り方」を変えて工夫することはできませんか。

たとえば、
・セットになっていたものを、分解して売る
・個々のものを、セットにして売る
・商品を売ったあとに、アフターサービスをつける
・機械は無料あるいは低価、消耗品を売る(ジレットのひげそり、コピー機など)
・お客様同士のやりとりで儲ける(仲介)
などなど、

ちなみに、越後屋さん。
今でいえば、新しいビジネスモデルを開発した人と言えそうですね。。

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.