ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタはこちら

えびす袋、江戸の商人の知恵は今もあなどれませんよ(1月2日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
「えびす袋」ってご存じ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「福袋」の原型です。
江戸時代、日本橋の呉服屋「越後屋」(現在の三越)が、1年の裁ち余りの生地を袋にいれて、これを1分(いちぶ)で販売したのがはじまりと言われています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
「福袋」の原型、えびす袋は、在庫一掃セールだったのですね。
もともと、越後屋さんはアイデアマンだったそうです。
その証拠に、
当時としては画期的な、呉服の「切り売り」をしていた。

それまでは、セット販売のみだったんですね。
あなたのビジネスも、商品ではなく、

「売り方」を変えて工夫することはできませんか。

たとえば、
・セットになっていたものを、分解して売る
・個々のものを、セットにして売る
・商品を売ったあとに、アフターサービスをつける
・機械は無料あるいは低価、消耗品を売る(ジレットのひげそり、コピー機など)
・お客様同士のやりとりで儲ける(仲介)
などなど、
いろいろ考えてみたいですね。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.