人前で話す教える技術を磨きあう!

「過去」「現在」「未来」3の幽霊とアドラー心理学(2月7日)

  
\ この記事を共有 /
「過去」「現在」「未来」3の幽霊とアドラー心理学(2月7日)

●今日の「クイズ」は・・・
3人の幽霊によって気づきを得る男の物語。
さて、何でしたっけ?
2月7日は、その作者の誕生日です。
さて、誰でしたっけ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズさん
(Charles John Huffam Dickens 1812年2月7日 – 1870年6月9日)
『クリスマス・キャロル』の作者です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

『クリスマス・キャロル』ご存じですか。

小説に登場する3人の幽霊は、それぞれ、
「過去」「現在」「未来」の幽霊。
守銭奴のスクルージの人生を振り返らせます。

まずは、純粋な子供の頃の「過去」

次に、自分がひどい仕打ちをした相手、その相手の視点からみた「現在」

そして、
このままいったら、悲惨なことになる「未来」

う~ん。
これって、完璧に、コーチングのタイムラインです(笑)

そして、2月7日は、心理学者アドラーさんの誕生日(1870年2月7日)でもあるんです。
何かつながっている感じがしませんか。

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.