人前で話す教える技術を磨きあう!

言葉のチカラをあなたに、アントレプルトン(2月19日)

    
\ この記事を共有 /
言葉のチカラをあなたに、アントレプルトン(2月19日)

●今日の「クイズ」は・・・
1896年2月19日、フランスに生まれたのが、
詩人の

アントレプルトンさんです。

彼がニューヨークに住んでいたときのエピソードをご紹介します。

いつも通る街角に、黒めがねの物乞いがいました。
看板をさげていますが、投げ銭は入っていません。
書かれている言葉は、
「私は目が見えません」
でした。

ブルトンさんは、あるアドバイスをしました。

すると、通行人がコインを次々と投げ入れるようになったそうです。
さて、プルトンさんは、どんなアドバイスをしたのでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え

「言葉を変えてみたらどうだ?」
といったそうです。
物乞いは承諾して、実際、言葉を変えてみました。

すると、通行人がコインを次々と投げ入れるようになったのです。
雨のように続く、コインを投げ入れる音は、物乞いの心を暖かくしたに違いありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

さて、プルトンは、何と書き換えたでしょうか。

それは、こうです。

「春はまもなくやってきます。でも、私はそれを見ることができません」

なるほど!

まさに、言葉のチカラですね。
状況が思い浮かぶような、言葉。
言葉一つ一つの選び方。

大切ですね。
ていねいに考えていきたいなと思います。

 

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.