ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会のご案内

江戸の大火の責任は?今では考えられないくらい対応が(3月29日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1683(天和3)年3月29日。
この日、18才の娘がが、市中引回しの上、極刑に処せられた。
さて、これってだれの話?
どうして罰を受けたの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
極刑に処せられたのは、八百屋の娘、お七。
前年12月28日の大火で避難した寺で、お七は、寺の小姓・生田庄之介と出会う。
火事になればまた会えると考え、3月2日の夜に放火した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
この放火。
歴史書によると、すぐに消しとめられたとのこと。
でも、お七は御用となった。
そして、
市中引回しの上、極刑。

この実態が、すごい。
市中引き回しは3日におよび、その後、火あぶりの刑。

そして、お七が丙午(ひのえうま)年生まれであったことから、丙午生まれの女子が疎まれるようになったそうです。

人間は、ちょっと前までかなり残酷だった。

過去の記事はこちら
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.