ライブ講師®実践会

会員のみなさんへ

VACILANDO (ヴァシランド) スペイン(カミーノのある国)の言葉(ことばのご馳走)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

言葉の意味は、
「どこへ行くかよりも、どんな経験をするかを重視した旅をすること」

それぞれの国のことばには、それぞれの人の大切にすることが詰まっている。

スペインと言えば「カミーノ」。
もともと、宗教的な巡礼だけれど、今は、必ずしもそれが目的ではない。

ぼくたちは、常に
目的や計画を意識して、ビジネスをしている。

最近の若者は、
「その仕事の目的は何ですか?」
と、しっかり上司に確認する人も多いと聞く。
これって大切だよね。

上司は、部下に対して
「目的とともに指示(手段)を命じなさい」
と教育されるしね。

だから、上司が部下に
「いいから、とにかく、それやっとけ!」
はダメと言われている。

でもね。

本当は、
自分自身が、目的がわからないまま、何かにとりくむ!
そういう経験って大切なんじゃないかと思う。

だって、経験する前の未熟な自分が設定したゴール(目的)なんて
たかが知れているから。。。

このあたり、どう思いますか。

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2020 All Rights Reserved.