人前で話す教える技術を磨きあう!

今日は、「切抜の日」。情報を切り抜くことについて考えてみよう(3月1日)

    
\ この記事を共有 /
今日は、「切抜の日」。情報を切り抜くことについて考えてみよう(3月1日)

●今日の「クイズ」は・・・
3月1日は、「切抜の日」
さてどうして?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
1890年3月1日、各種の新聞等から必要な情報だけを切抜いて提供する日本初の切抜の会社
「日本諸新聞切抜通信」が設立されたそうです。
それにちなんだ記念日。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

1890年から切り抜きがあったとは、ちょっとビックリです。

私が新入社員だった20数年前。

会社に行ってする仕事が、まさしくこれでした。

新聞を数紙ざっと読んで赤鉛筆で囲む。
しばらくして、先輩方もチェックしたあたりをみはからって、切り抜いて、閲覧、保存。
そんな仕事をしていました。

今の新人はしないのでしょうね。

でもね。
今思えば、あのときの体験生きているなあ。
速読なんて言葉はなかったけれど。
新聞10誌くらいあっても動じない(笑)

「切り抜くチカラ」は「選ぶチカラ」
そして「捨てるチカラ」
これからも、磨いておきたいと思います。

 

 

 

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.