人前で話す教える技術を磨きあう!

[キャスティングカウチ ライザミネリがジュディーガーランドから学んだこと(3月12日)

  
\ この記事を共有 /
[キャスティングカウチ ライザミネリがジュディーガーランドから学んだこと...

●今日の「クイズ」は・・・
3月12日は、ある方の誕生日。
ある方とは、、、
ジュディー・ガーランドの娘さんです。

って、

古い映画ファンでないと知らないかなあ。

娘さんは、1946年3月12日生まれの女優。

ライザ・ミネリさんです。

母子ともに、すごい人生を歩んでいます。

ライザ・ミネリさんは、母の死を
「ハリウッドが殺した」と言っているんです。
そして、次のようにも発言しています。

「現実とは、○○だ」

壮絶な人生を体験している彼女の言葉。
○○に入る言葉は何でしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え

「現実とは、乗り越えるものだ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

重みがあります。

母の、ジュティーガーランドさんは、『オズの魔法使』で有名です。
ドロシー役の愛らしい演技を憶えている方も多いのではないでしょうか。

数々のスキャンダルの中、5回の結婚を繰り返し、最後はクスリで亡くなりました。

そして、
13才でデビューしたときの話がすごすぎます。
映画会社の社長のルイス・メイヤーは別の子役を採用しろとプロデューサーのアーサー・フリードに命じたのですが、、、

「キャスティング・カウチ」(セックスをした相手に役や契約を回すこと)で悪名高かったフリードは、当時13歳のジュディと性的関係をもっていたため、間違ったふりをして、ジュディと契約を結んだということです。

ライザミネリは、ジュディーの2人目の夫との間に生まれた子ともです。
自らもクスリの中毒になって、それを乗り越えてきた彼女の発言。

「現実とは、乗り越えるものだ」
心打たれます。

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.