ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ帳はこちら

「20の扉」を開けるのはだれだ!戦後はじまった元祖クイズ番組(11月1日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1947年11月1日。
これまでにない、30分のNHKラジオ番組がはじまった。
タイトルは、
「20の扉」
さて、何の番組?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
戦後日本初の 大ヒットクイズ番組。
アメリカのクイズ番組『Twenty Questions』(二十の質問)をモデルに製作された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
20の質問、より、20の扉の方がカッコイイですね。
さっそく、いただき(^_^)/

で、具体的なルールはというと、
ある正解があって、それを知っているのは司会者だけ。
その司会者に対して、5人の解答者が、
「それは、○○ですか」という質問をして、正解を絞っていく形式。
例えば、「犬」が正解の場合は、はじめに「“動物”です」と告げられる。ここからその動物が何であるか、司会者との質疑応答で推理していき、20問以内に「犬」という答えを出せば良い。

よい質問をする技術。
そのトレーニングに使えますね。

そして、それを応用したカードゲームがこちら。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.