人前で話す教える技術を磨きあう!

「20の扉」を開けるのはだれだ!戦後はじまった元祖クイズ番組(11月1日)

  
\ この記事を共有 /
「20の扉」を開けるのはだれだ!戦後はじまった元祖クイズ番組(11月1日...

●今日の「クイズ」は・・・
1947年11月1日。
これまでにない、30分のNHKラジオ番組がはじまった。
タイトルは、
「20の扉」
さて、何の番組?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
戦後日本初の 大ヒットクイズ番組。
アメリカのクイズ番組『Twenty Questions』(20の質問)をモデルに製作された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
20の質問、より、20の扉の方がカッコイイですね。
さっそく、いただき(^_^)/

で、具体的なルールはというと、
ある正解があって、それを知っているのは司会者だけ。
その司会者に対して、5人の解答者が、
「それは、○○ですか」という質問をして、正解を絞っていく形式。
例えば、「犬」が正解の場合は、はじめに「“動物”です」と告げられる。

ここからその動物が何であるか、司会者へ質問をしていく。
質問は、YES、NOで応えられるもののみ。

そして、20問以内に「犬」という答えを出せば良い。

よい質問をする技術。
そのトレーニングに使えますね。

そして、それを応用したカードゲームがこちら。

 

 

 

 


この情報は「ライブ講師Ⓡ実践会」によって提供されています。

Copyright©ライブ講師®実践会,2021All Rights Reserved.